産後の骨盤矯正はいつから始めればいいの?効果的なストレッチ方法や骨盤体操などをまとめてみた!

近年お産が終わり生活にに慣れてくると、早いうちに骨盤矯正をされる方が多いようです。

というのも産後太りを解消するためには、骨盤矯正がとても重要だからです。

産後太りだけでなく、肩こり・腰痛や生理痛などの女性特有の悩みの原因は、骨盤の歪みにあるといわれています。

肩こり・腰痛は骨盤の歪みが原因

これらの悩みのケアに、骨盤矯正が非常に大きな役割を果たしているんです。

でも骨盤矯正をしようと思ったら

  • 整体院や整骨院で高い施術を受けなければならない
  • 骨盤の歪みは自力でどうしようもない

と思ってはいませんか?

じつは自宅で一人でもできる簡単な骨盤矯正の方法があるんです。

産後の骨盤矯正はいつから始めるといいのか、効果的なストレッチ方法や骨盤体操についてまとめてみたのでご紹介します。


目次
産後の骨盤矯正はなぜ必要?どんな状態になってるの?
産後の骨盤矯正はいつから始めるの?1か月以内が効果的?
産後の骨盤矯正で得られる3つの効果とは?
産後の骨盤矯正におすすめなストレッチ方法と骨盤体操5選
産後の骨盤矯正に関するQ&A
産後の骨盤矯正はダイエットにもおすすめ!
産後の骨盤矯正のまとめ


産後の骨盤矯正はなぜ必要?どんな状態になってるの?

産後の骨盤矯正はなぜ必要?どんな状態になってるの?

産後すぐは骨盤が歪んでしまうといわれています。

「骨盤が歪む」と言いますが、骨盤の骨が歪むと言うわけではありません。

実際には骨盤を支える筋肉のバランスが崩れて、骨盤が開いたり傾いたりすることをいいます。

  • 姿勢が悪かったり運動不足
  • 妊娠や出産の時

は骨盤がゆがんでしまいやすくなるそう。

妊娠中はお腹に赤ちゃんがいるため、背中が反ってしまう方も。

また妊娠中は、お腹が大きくなるので骨盤を覆うお腹の筋肉が引き伸ばされて薄くなってしまいます。

同様に「骨盤底筋」という骨盤をまとめる筋肉も、降りてくる子宮を受け止めるために引き伸ばされます。

骨盤底筋群

出産のときに赤ちゃんが生まれやすいように、骨盤底筋はさらに伸びるそうです。

出産を終えると骨盤の形を支える筋肉はダルダルになった状態なので、骨盤は開きやすくなっています。

しかも傾いた骨盤の向きも筋肉が弱っているため、なかなか元に戻りません。

骨盤が歪んだままだと産後太りが解消されないだけでなく、肩こり、腰痛や生理痛などを引き起こします。

そのため骨盤の形を支える筋肉を妊娠前と同等かそれ以上の状態にするために、骨盤矯正をしていくことがとても重要なんです。

産後の骨盤矯正はいつから始めるの?1か月以内が効果的?

産後の骨盤矯正はいつから始めるの?1か月以内が効果的?

産後の骨盤矯正は、産後間もない時期にすることがいいとされています。

出産した直後はリラキシンというホルモンの影響で、骨盤を支えるじん帯がゆるくなってしまいます。

出産から3ヶ月くらいでリラキシンの分泌がなくってしまうそう。

そのため、じん帯がゆるい産後間もない時期にすることをおすすめします。

ただし産後1ヶ月以内に骨盤矯正を始めるときは、体の状態を見極めるため医師の診断に従ってください。

また産後6ヶ月くらいで骨盤はその時の状態で安定するそう。

そのため出産から6ヶ月くらいまでに骨盤矯正する人が多いようです。

産後の骨盤矯正で得られる3つの効果とは?

出産を経て歪んだ骨盤を骨盤矯正で元どおりにすることで

  1. 肩こり・腰痛の改善
  2. 便秘の改善
  3. 女性の悩み改善

3つの効果が得られます。

産後の骨盤矯正で得られる効果その1.肩こり・腰痛の改善

産後の骨盤矯正で得られる効果その1.肩こり・腰痛の改善

骨盤が正しい位置に戻ると体のバランスが正常になるので、偏った筋肉への負担が解消され肩こりや腰痛の改善につながるそう。

さらに背筋が伸び姿勢が自然と良くなります。

背筋が伸び姿勢が良くなることで、体のめぐりも正常化してむくみや冷え性も解消することが期待できます。

産後の骨盤矯正で得られる効果その2.便秘の改善

骨盤の歪みによって内臓が圧迫されると内臓機能が低下し、場合によっては便秘になるそう。

骨盤を矯正することで内臓の働きが活性化し、便秘を解消することが可能です。

栄養の吸収と老廃物の排出が良くなるので、体全体の美容健康に役立ちます。

産後の骨盤矯正で得られる効果その3.女性の悩み改善

産後の骨盤矯正で得られる効果その3.女性の悩み改善

産後の骨盤矯正をして子宮のめぐりを正常に戻せば、女性の悩みの予防や改善につながるとされています。

子宮のめぐりが停滞し、生理痛や生理不順、不妊などの女性特有の悩みが出てくる人も多いようです。

尿漏れ・頻尿などの予防にもつながります。

産後の骨盤矯正におすすめなストレッチ方法と骨盤体操5選

産後の骨盤矯正におすすめストレッチ方法と骨盤体操を5つ厳選してご紹介します。

  1. 腰回し
  2. ヒップリフト
  3. 腿上げ
  4. 足ひねり
  5. お尻歩き

紹介するものを全部やったとしても10〜15分程度なので、ぜひ試してみてくださいね♪

産後の骨盤矯正ストレッチ・骨盤体操その1.腰回し

そのものズバリ「骨盤回し体操」と呼ばれることもあります。

単に腰を回すだけではなく、正しく腰を回すことで効果的に骨盤矯正できます。

  1. 足を肩幅に開き、やや膝を緩く構えて腰を落とします。
  2. 両手を交差させて手のひらを両肩に置きます。
  3. フラフープを回すように「前→右→後→左→前」と腰を回していきます。
  4. 右向き、左向き30回ずつ行います。
腰回しのポイント
腰を回すときは上半身が動かないようにしましょう。

産後の骨盤矯正ストレッチ・骨盤体操その2.ヒップリフト

産後の骨盤矯正ストレッチ・骨盤体操その2.ヒップリフト

お尻の筋肉に刺激を与えて骨盤をしっかり支える土台作りをしましょう。

  1. 両膝を立てた状態で仰向けに寝ます。
  2. 両手を床の上に置きます。
  3. お腹で滑り台を作るイメージでお尻を持ち上げます。
  4. 5秒キープしたらゆっくりお尻をおろします。
ヒップリフトのポイント
5回1セットとして、3セットを目安にやってみましょう。
複数回できない場合は1回20秒として1セットでやってみましょう。

産後の骨盤矯正ストレッチ・骨盤体操その3.腿上げ

産後の骨盤矯正ストレッチ・骨盤体操その3.腿上げ

腿を抱くようにすることで背筋を伸ばして骨盤の形を正しくします。

  1. 仰向けに寝ます。
  2. 両膝を抱えて、顎と膝が付くような形にします。
  3. この形を20〜30秒キープします。
腿上げのポイント
丁寧にストレッチしたい場合は片足ずつやってみましょう。このときは曲げてない方の足は膝が浮かないように気をつけてください。

産後の骨盤矯正ストレッチ・骨盤体操その4.足ひねり

産後の骨盤矯正ストレッチ・骨盤体操その4.足ひねり

普段鍛えるのが難しいインナーマッスルを刺激して、骨盤を正しい形に戻していきます。

  1. 両膝を立てて仰向けに寝ます。
  2. 両手を体の横に置くように広げます。
  3. 大きく息を吐きながら両膝を右側に倒して10秒キープ。
  4. 膝を元の位置に戻したら、同じように左側に膝を倒して10秒キープします。
足ひねりのポイント
それぞれ5回ずつになるように繰り返しましょう。
インナーマッスルをしっかり刺激できるように、呼吸を意識してください。

産後の骨盤矯正ストレッチ・骨盤体操その5.お尻歩き

産後の骨盤矯正ストレッチ・骨盤体操その5.お尻歩き

これまで紹介してきたストレッチと比べると難しいですが、骨盤矯正効果が非常に高いのでぜひチャレンジしてみてください♪

  1. 足をまっすぐ伸ばしたまま座ります。
  2. 両手を交差させ胸につけます。
  3. お尻を左右交互に出して前進します。
  4. 10歩進んだら10歩後ろに下がります。
お尻歩きポイント
この動きを3回繰り返してください。
慣れてきたら15歩くらいまで歩数を増やしてみましょう。
もっとお尻に効かせたいときは両手を上にあげながらやってみましょう。

産後の骨盤矯正に関するQ&A

産後の骨盤矯正に関するQ&A
質問Q1
産後すぐに骨盤矯正すればいいんですか?
回答A1
骨盤矯正について早めに始めるに越したことはありませんが、産後1ヶ月間は悪露がでたり体力が元に戻らないということが多いので、できるだけ避けるかお医者様と相談されると良いでしょう。
質問Q1
産後いつまでに骨盤矯正をすればいいんですか?
回答A1
出産後6ヶ月まで骨盤は元の形に戻りやすくなっています。しかし6ヶ月を過ぎたあたりからホルモンの影響で、その時の形に固定しようとします。6ヶ月を目安に骨盤矯正をされると良いのではないでしょうか。
質問Q1
すごい安産だったんですが、骨盤矯正なんていりませんよね?
回答A1
妊娠すると大きくなっていく子宮を骨盤で支えるので、骨盤の形が妊娠前と大きく変わります。そのため安産や難産とに関係なく骨盤矯正をする必要があります。
質問Q1
骨盤体操って毎日やらないといけないんですか?
回答A1
骨盤ストレッチや骨盤体操を1日集中的にやっても、骨盤の形が変わりやすくなっているので体操前の状態に戻ろうとします。そのため、毎日ストレッチや体操によって骨盤矯正をする習慣をつけて正しい形を維持していくことが重要です

産後の骨盤矯正はダイエットにもおすすめ!

産後の骨盤矯正はダイエットにもおすすめ!

骨盤矯正は産後ダイエットにとっても重要な役割を果たします。

なぜなら骨盤の歪みが産後太りの大元の原因になっていることが多いからです。

骨盤が歪むと内臓の位置が下がり、下腹がポッコリ。

骨盤矯正によって骨盤の歪みを戻すと、内臓も正しい位置に戻るのでポッコリ下腹も解消します。

さらに内臓の働きがよくなり、便通や老廃物の排出が良くなるので溜め込まない身体へと導きます。

しかも筋肉の量が増えれば代謝がアップし、リバウンド対策も可能です。

骨盤矯正は産後太りを解消するためだけでなく、ダイエットそのものに効果的!

骨盤矯正ストレッチという形で運動習慣をつけていけば、太らない生活リズムを手に入れられます♪

産後の骨盤矯正のまとめ

産後の骨盤矯正のまとめ

産後の骨盤矯正はなぜ必要?どんな状態になってるの?
産後の骨盤矯正はいつから始めるの?1か月以内が効果的?
産後の骨盤矯正で得られる3つの効果とは?
産後の骨盤矯正におすすめなストレッチ方法と骨盤体操5選
産後の骨盤矯正に関するQ&A
産後の骨盤矯正はダイエットにもおすすめ!

ここまで産後の骨盤矯正についてまとめてきました。

妊娠出産を通じて骨盤は歪んでしまいます。

骨盤の歪みはいろいろな体の悩みを引き起こすので、産後からすぐに骨盤矯正に取り組むことをおすすめします。

出産後ママさんが一番気になる産後太りの解消のためには、骨盤矯正が欠かせません。

自宅で骨盤矯正を行うには骨盤ストレッチや骨盤体操を行いましょう。

ただ産後間もないときだとなかなか時間が取れませんよね。

整体院に行くにもストレッチでケアするにしろ、ママさんとしてはなかなか難しいかもしれません。

そんな時のために骨盤矯正ベルトなどの骨盤矯正グッズがあります。

とくに履くだけで骨盤ケアができるおすすめアイテムが骨盤ガードルです。

ガードルの着圧によって下半身を引き締めることが主な目的ですが、骨盤矯正にも使えるようになっています。

着圧で骨盤を支え、元の正しい位置に戻るようになっています。

また運動しながら着ることのできる種類も多いので、骨盤矯正ストレッチや骨盤矯正体操をしているときに骨盤ガードルを着ていれば、相乗効果でしっかり骨盤を元に戻すことも可能です。

骨盤ガードルについてのページを用意しているので、そちらもご覧ください。

【2018年】骨盤ガードルおすすめランキング5選!産後女性で骨盤矯正できるベストショーツは?

【2019年】骨盤ガードル・スパッツおすすめランキング5選!産後に骨盤矯正できるガードルの口コミも紹介!

2018年4月17日