着圧効果で楽してダイエット!付けるだけで痩せ体質が出来る秘密とは?

着圧と言えば、着圧ソックスや着圧タイツ、着圧ストッキングを思い浮かべる人が
多いと思います。
冬は特に、夕方になると足がむくみがちなので、着圧ソックスを使って手軽にむくみを
取りたいところですよね。
でも実は着圧シリーズは足のものだけじゃないって知っていました?
知られてない着圧商品のご紹介とその効果について書いていこうと思います!
足はもちろん細くなりたいですけど、人によって体質もコンプレックスの場所も違いますよね。
自分のシェイプアップしたい所にピッタリの商品がないか探してみてください。

着圧の定番!着圧ソックスの効果と注意点とは?

着圧といえば、ソックス!ですよね。
ソックスの効果ですが、足首からふくらはぎにかけて圧力がかけられているソックスのことを
着圧ソックスと呼んでいます。元々は、着圧ソックスとは、下肢静脈瘤や深部静脈血栓の予防などに
使われていたソックスのようです。血行を促進してむくみを取る効果があります。
着圧ソックスにはmmHgという数値がかいてありますが、それによって足にかかる
圧力の強さが変わってきます。

極弱圧・・・10-15mmHg
弱圧・・・15-20mmHg
中圧・・・20-30mmHg
強圧・・・30-40mmHg

のようにわかれます。
強ければ強いほど、圧力がかかってシェイプアップ効果が期待できそうですが、
それだけを基準に選ぶと失敗します。
足に圧力が掛かり過ぎるとかえって血行を悪化させるので、
むくみがひどくなる場合があるのです。
付けるときは必ず試着してちょっと圧が掛かってて気持ちいいなと思えるぐらい
にしておきましょう。
また、注意点ですが巻爪の人がつま先まで包み込むタイプを履くと、
悪化させてしまう可能性があるので気をつけてください。
あと、就寝時に使うのはオススメできません。
質の良い睡眠を取るには、体温調節を上手く行い、体温が下がった時に
ぐっすり眠れるのですが、着圧をックスを履いて寝てしまうと、
足に溜まった熱をうまく分散できずに安眠が出来ず、
夜中に目が冷めてしまうなどしてよく眠れない原因になってしまいます。

着圧と防寒両方期待できる!着圧ストッキング&タイツの効果と注意点

着圧ストッキングは履くだけで足が-5cm細くなるような商品も
あります。これは履くだけでちゃっかり美脚になれるチャンスですね!
冬にスカートやパンツの下に裏起毛のストッキングやタイツを忍ばせている
人も多いと思います。でも、結構着膨れしちゃうんですよね…。
そこで着圧ストッキングや着圧タイツを使えば、履いただけで細く見える効果
もあるし、何より履くだけで暖かくてシェイプアップ効果があるとなれば
一石二鳥以上の嬉しさですよね♪
しかし、コレも細く見えたいが為に自分のサイズに合っていない着圧ストッキングや
着圧タイツを選ぶのは止めましょう。
上記に書いたとおり、血行を悪化させる可能性があります。

履くのが楽!着圧レギンスの効果と注意点

着圧タイツやストッキングと違って、着圧レギンスは先のほうが開いているで
通気性もよく、巻爪で悩んでいる人にはお勧めの着圧タイプですね。
ただし、コチラも自分のサイズに合っていないと、レギンスは足首から
むくんでしまう可能性があります。
サイズを確認するときは足首や足の甲などもきつすぎないかチェックする
必要があります。

着圧にこんなのもあった!着圧ボディースーツの効果と注意点

着圧といえば足のものが多いですが、ボディにも着圧があります。
着圧ボディースーツも体全体を引き締めてくれるので、着るだけで
細く見える効果があるのでタイトなワンピースやトップスを着るときには
おすすめです。
選ぶ時の基準と注意点ですが、一枚布で切り替えがないものより、胸の部分は
ブラジャーのようにカップ式になってるものを選んだほうがより
メリハリのきいたボディに見せてくれ、スタイルが良く見えます。
しかし問題点はその作りがスクール水着のような形の場合、トイレにいく度に
全部脱がないといけないのが面倒ですね…
選ぶポイントとして、赤ちゃんの服のように股の部分にクロッチが
入っているものを選ぶとトイレの心配も軽減されるでしょう。
以上、着圧の効果と注意点についてご紹介していきました。
就寝時や合っていないサイズを選ぶとかえってむくみを悪化させる
逆効果になる場合もありますが、正しく使えば履くだけでキレイにみせて
くれるし、むくみ体質を改善してくれる女性にとってはありがたい商品です。
是非、正しい使い方を知って着圧を自分の味方にしちゃいましょう!